MENU

葬儀の前に準備しておくべきこと

親が亡くなると、生前に契約していたサービスの解約・変更手続きや、相続、葬儀など、やらなけれぱならないことが沢山出てくる。
これらは数が多いため、全てをこなすのはかなり大変だ。
だが、大変ではあるが、何となくでもやらなければならないと想像しやすいものでもある。
では、轣が亡くなる前はどうだろうか、饋が亡くなる前は未だ相続が開始しておらず、葬儀もする必要はない。
そのため、実際には色々とやっておくと良いことがあるのだが、なかなか想像がつかずに忘れてしまうこともあるだろう。

 

相続や葬儀の必要がまだないため、親が亡くなる前には何らかの手続きをすることはほぼない。
だが、轣が亡くなった後は急にやらなければならないことが増えて忙しくなるため、それを少しでも軽減できるように準備をしておくことはできる。

 

また、後から「やっておけば良かった」と後悔しないために、普段からできることも多くある。
本書では、親の死後に後悔したり困ったりしないために、やっておきたいことをピックアップしてチェックリスト化してある。

 

親の死は誰もがいつかは直面する問題だ。
そのときに向けてできることを忘れないために、是非参考にしてもらいたい。

 

口葬儀の形式の話し合いと葬俄場探し
口相場チェックと見積りを出す
口喪主や費用の支払いについて決めておく
口遺影用の写真を決める
口人間関係をまとめる
口棺に入れてほしいものを話しておく

 

親が亡くなったら葬儀をすることになるが。どのような形でどこで葬儀を行うかは事前に決めておいた方が良いことの一つに挙げられるだろう。
まず、葬儀の形についてだが、これは必ずしもこの形でなけれぱならないというものはない。

 

実際に行われている形式

 

・一般葬故人や遺族と関わりのある人たちにも参列して頂く、一般的な葬儀の形
・社葬会社の創業者やオーナーなどが亡くなった場合や、会社に対して特段の貢献があった役員や社員が亡くなった場合などに行われる
・家族葬遺族のみで行う葬債という意味を持っているが、最近では観戚やごく親しい人も加えて小規模・少人数で営むことも多くなっている
・名葬遺族や親族を中心とした故人をよく妲る人だけで集まり、密やかに行う古くから行われてきた葬儀の形式

 

他にも、自宅葬や斎場葬など、会場がどこかによって行う形式が変わることもある。
これらは、親が亡くなった後で遺族が決めても良いが、予め話をしておくことで、親の望む形で葬俄をすることができるようになる。

 

生前から葬儀の話をするのはどうかと思う人もいるとは思うが、親の考えを尊重することを重視するのであれば、事前に話し合っておくことも必要だろう。

 

どのような形式にするかを大体決めたら、それに合わせて葬俄場を探しておくことも必要だ。
家からなるべく近い所で、決めた形式に沿って葬俄ができる場所を探すようにしよう。

 

葬儀編

 

〜相場チェックと見積りを出す〜

親が亡くなった後は、どうしても色々な手続きややることが出てきて忙しくなってしまう。
やることが多くて忙しければ、何かを決めようとしてもじっくりと考えることができなくなり、後から冷静に考えたときに判断を誤ったと感じることもあるだろう。

 

そうならないために、大事なことや大きな決め事については予め考えたり決めたりしておくようにしたい。

 

この予めやっておきたいことの一つが、葬債に関する相場チェックと見積もりを出してもらうことである。

 

葬儀は、やる内容はほぽ変わらないにしても、その費用は会場や業者によって変わってくる。
どこでも良いからとにかく葬儀ができれば良いと考えていると、もっと安くできたはずの所を節約できずに損をしてしまうということも考えられる。 今はネッT・を使って相場をチェックすることもできるし、従来通り:こいくつかの業者で見積もりを出させて比べてみるということも可能だ。 安ければ良いというものではないが、なるべく安く納得できる葬儀ができるようにきちんとチェックしたいところである。

 

〜喪主や費用の支払いについて決めておく〜

親の死後は、ハタハタした中で色々な手続きを進めていかなければならない。
そのため、なるべく生前に決めておけるものについては決めておきたい。
よく葬儀に関して揉めるものとして、喪主や葬儀費用の支払いについてが挙げられる。

 

喪主は長男がなるというイメージがあるかもしれないが、必ずしも長男でなければならないわけではない。
その家の事情によっては、次男が喪主になることだって考えられる。
喪主となる人は、葬儀内容に関する決定の他にも弔問客や僧侶への応対などもしなければならない。

 

葬儀の責任者という重要な役割を担うことになるため、早めにきちんと決めておく必要がある。
ここは、事前にしっかりと話し合っておきたいところだ。

 

葬儀費用について

葬儀費用は喪主が出すという考え方もあるが。その他の支払い方法を選択することも可能だ。
例えば次のような考え方がある。

 

・相続財産から負担する
・相続人間で分割する
・遺産分割で決定する
・喪主が負担する
・慣習による

 

このどれを選んでも問題ないため、これについてもしっかりと話し合って決めておきたい、

 

〜遺影用の写真を決める〜

親が亡くなると、遺影で使うための写真を選ぶ必要が出てくる。
何も決めていないと、退去に撮影した写真の中から急いで選ぱなければならなくなり、良い写真がなかったりなかなか決められないということがよくある。
そのため、最近では、生前から遺影用の写真を撮影したり決めておくという人が増えているのだ。

 

実際に、各地にあるフォト.スタジオなどで、生前に遺影用の写真を撮影するサービスが提供されている。

 

「生前撮影」についてネットで検索すると、そのようなサービスを行っているフォトスタジオなどを見付けることができるので、一度調べてみると良いだろう。

 

生前遺影撮影の良さは、その人が納得した写真や気に入った写真を遺影に使ってもらえるという所。
ただし、使ってもらうためには遺族がその写真の存在を知っていなければならない。

 

もし見つけてもらえなければ、その写真が使われなくなってしまう。
そのため。解りやすい所に置いておくようにしたい。通帳などの大事なものと一緒に保管したり、既に依頼する葬儀嶋が決まっていればそこに預けておくというのも良いだろう。

 

遺影写真の撮影は、必ずしもブロのカメラマンにお願いしなければならないわけではない。
家族が撮影した写真でも使えるのであれば問題ないため、家族が良いなと思える納得した写真を撮ることもお勧めだ。
ただし、1枚だけではなく、もしその写真が使えなかったときのために数枚用意しておくことを忘れないようにしよう。

リンク集

このページの先頭へ